ニキビ跡消す > ニキビ跡消す-紫外線とニキビの関係-

ニキビ跡消す-紫外線とニキビの関係-

紫外線によって発生する活性酸素が皮膚の細胞を攻撃し、シミやシワの原因になるだけではなく、できてしまったニキビを悪化させたり、皮脂を酸化させることでニキビをできやすくしたりします。
ニキビ跡化粧水│チョコレートとニキビ

ニキビができて敏感になっている肌にとって、無防備に浴びる紫外線は有害です。紫外線を浴びることで防御しようとして角質が自然と厚くなります。厚くなった角質が毛穴をふさぐことによって、毛穴に皮脂が充満し、アクネ菌が活発化し、ニキビができやすい環境になってしまいます。

また紫外線によってダメージを受けた角質は、乾燥して肌のバリア機能が低下しています。そうでなくても敏感になっているニキビ肌にさらに刺激を与えてしまうことになります。

炎症を起こし始めた毛穴に発生した活性酸素が、紫外線の影響でさらに増え、毛穴が内側から傷めつけられることによって、炎症がひどくなります。すると毛穴の壁が破れて、皮脂が真皮に漏れ出して、ニキビがさらに広がっていきます。こうなるとニキビの痕も残りやすくなります。

また、自己処理をして放っておいたニキビ痕に紫外線が当たれば、メラニンが増えやすくなって、一段と濃いシミになりやすくなります。ニキビにとって紫外線は大敵です。夏以外にも、通年で日常的にUVカット効果の化粧品を使うことがニキビ予防にもなります。ただし、問題は何を選ぶかです。

UVカット化粧品の中にはSPFとPAという紫外線防止指数の表示があります。この中で、SPF値が非常に高い化粧品の中には、紫外線吸収剤という成分を含むものが多く、刺激性やアレルギー性の点では長時間つけっぱなしにしておくことでニキビに悪影響を及ぼします。

ニキビがひどい時には「紫外線吸収剤フリー」「ケミカルフリー」「ノンケミカル」といった表示のある低刺激性の日焼け止めを選ぶようにしましょう。また、UVカット化粧品を使ったら、メイクをした時と同じようにダブルクレンジングできちんと落とすことが大切です。

見逃せないストレスとニキビの関係

ストレスというのは、人間の体にいろいろな悪影響を及ぼします。その中でも肌はその影響を受けやすく、ニキビに限らず、蕁麻疹やアトピー性皮膚炎などの原因になっています。 急に環境が変わったり、忙しくなったという場合、精神的なストレスからニキビが悪化したりします。これはストレスを受けると細胞が生まれ変わるリズムが乱れるからです。

このリズムの乱れは、皮膚においては、ターンオーバーに影響し、毛穴がつまりやすくなるためニキビができやすくなります。また自然治癒力も下がって、炎症が治りにくくなってしまいます。

こういった場合、いくらスキンケアをしても治らないことが多く、原因であるストレスを解消しない限り、ニキビが完治することは難しいといえます。

ストレスは自律神経の乱れを引き起こします。自律神経は、全身に張り巡らされており、交感神経と副交感神経の相互作用によって、コントロールされています。たとえば、緊張状態にするのは交感神経の作用で、リラックスしている時には副交感神経が働きます。

しかし、イライラや怒り、恐怖などのストレスで交感神経ばかり作用し続けると身体は戦闘モードに入り、筋肉に血液が集まってしまうため、皮膚の血行は悪くなってしまいます。このように自律神経が過度に緊張する時間が長くなると、男性ホルモンの量が増して、皮脂線を発達させ、皮脂の分泌を高めるためにニキビができやすくなります。

とはいっても、ストレスフリーの生活をするというのは現実的には不可能です。現代社会で生活する以上、誰でも大なり小なりストレスにさらされています。ですから、ストレスといかに上手に付き合っていくかが大切になってきます。ストレスの発散方法を自分なりに探っていくしかありません。

一方で、重症のニキビの場合、ニキビ自体がストレスの原因になっている場合もあります。顔が赤く腫れあがって、人前に出るのは大変なストレスになりますし、ニキビが気になって人に会うのも嫌だという人もいます。そういう人は、一日でも早くニキビを治すため、専門の皮膚科への受診が必要になります。